--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.09.24 09:24|今、ここ、徒然




何故に、こんなにも
ベトナム北部の山岳地を訪れてしまうのか。。。


それは、たぶん。
誰が見ても美しい華美なそれではなく、

普通の暮らしの中にある、
人の息吹を感じられる美しさに
魂がよろこんでいるからかな、と思う。


自分たちが着て使う道具だからこそ、
手をかけこだわり抜いた、
アートが生まれる。


そんな暮らしの中にある、
美しさを内包した衣に惹かれ、

その衣の作り手の屈託のない笑顔と、
人柄に触れ、

また彼の地へ足を運んでしまうのです。




その衣が生まれる暮らしは、
あたりまえのように自然と共にあり
人と自然の営みが調和した
美しい景色の中にあります。


厳し環境に生きるからこその、
オーセンティックな暮らしの中にある、
美しさを内包した衣たち。

この旅の報告を兼ねて、
11月に企画展を行う予定でいます。
スポンサーサイト
2017.08.23 13:04|今、ここ、徒然




旅の途中、
イタリアンのお店で、
素敵なお箸に出逢いました。

山の恵みにありがとうって♡
きゃー!素敵なメッセージ!


このお箸を生みだすのは、
(株)郡上割り箸
http://gujowaribashi.com


先に紹介した郡上木履と同じ会社で
地元の杉を間伐した材で、
割り箸を作っています。

割り箸事業部と下駄事業部 。

地元の杉とひのきを
割り箸と下駄にして
街に届けているの、素敵でしょう♡


そうやって、暮らしの中に
地元の木、日本の木が
溢れれば溢れるほど、
山は豊かに、
人の心も、伝統文化も
豊かに巡っていく。

木の国、森の国、日本。

さらにこの割り箸からは
感謝の思いがほとばしっていて♡

パッケージには、、、

山の恵みにありがとう
豊かな川にありがとう
お天道様にありがとう
ご先祖様にありがとう
美味しいご飯にありがとう
自分の体にありがとう
今の繋がりにありがとう

1膳ごとに
こんな素敵なメッセージをまとっているの。








あぁ、素敵やー!


自然と人、伝統と文化、
その歯車がかみ合い
豊かな循環を生む。


その原動力は、
感謝とその土地に根付く
文化や伝統を愛しむ想い。

割り箸と下駄から
迸るオーラがすごいので、
連投で紹介させて頂きました♡


郡上割り箸
http://gujowaribashi.com/?page_id=5

郡上木履
http://gujomokuri.main.jp/sp

(株)郡上割り箸
http://gujowaribashi.com


郡上、素敵なところです♡

2017.08.21 14:47|今、ここ、徒然




身をもって生態系の一部になれた日


二度目となる茨城でのきらめ樹は
糞土師伊沢さんとのコラボ。

うんちはごちそう。

もらってばかりの暮らし
人間は傲慢です。
そう言う糞土師の伊沢さん。

もらうばかりの暮らしに
ピリオドを打ち、

毎日うんこを
大地にお返しするという
伊沢さんの野グソの世界、
ノグソフィヤ。

野グソを通して
身をもって生態系の一部になる。

うんこをする目的で!森へ行く。
おしりでみる葉っぱの観察会。
どれもこれも新しい世界でした。

案内して頂いた
伊沢さん御用達の秘密の森は、
ツタに覆われた
わずかな隙間を入ってゆく。

欝蒼とした林内と思いきや、
そこには気持ちのよい
スペースが広がっていて驚きました。

ここはノグソの聖地です。
と伊沢さんは言う。

まさに、
その佇まいは聖域のよう。

うんこする場所探しで
森の中をウロウロすると、
ヒトが作った獣道ができて、
林内に風が通り空気が流れる。

野グソをすると、
それが誰かのごはんになり、
かつてうんこがあった場所は
空洞になって、誰かの住処になる。

生態系の呼吸を促し、
土を育み、草木虫獣を育む。
いのちの環。

その中に自分のうんこが組み込まれる。
し、あ、わ、せ♡

野グソという行為はヒトが
生態系に提供しうるプラスの環。
それを実感できた素敵な日になりました。

こんな風にしてよろこびが
拡がっていくなんて!

さらに、
オープンエアでいたす爽快感。
お尻を拭くのに適した葉っぱも知り
野原にまた宝物が増えたのでした。

この日私のお尻は、
キウイの葉っぱとヨモギで♡

帰宅後、
さっそく家の周りをパトロール。
ふかふかの拭きごこちの、
スイケンノウを見つけました。

これで、世界の原生林を、
トイレットペーパーにしなくても
もう大丈夫!という安心感。

この視点、この安心感、
いのちの環に自らの体を
投じられたことが何よりの宝です♡

うんこの話ばかりですが、
それだけのうんパクトだったので。

野より頂きました
おしりふきの葉っぱは
ハーブティーの横に保管。

トイレの際に同行いたします♡
2017.07.19 14:57|今、ここ、徒然













いのちのよろこび、巡る♡
我が家のベランダガーデン。

トゥルシー2種と、
フェヌグリーク、コリアンダー。
アーユルヴェーダなハーブたち。

ベランダで種取りできて、
二代目たちが懸命に生きています。

アナスタシア式で育てているので、
植物たちが我が家の健康応援団♡


アナスタシアの言う
植物を育てる方法は医者いらず。
植物たちがお薬箱。


種まきの時に、種を口に含み、
唾液を通して私のDNA情報を伝え

宇宙が一丸となって、
私に必要なものを
植物たちが作ってくれる。

植物たちに使命を与える育て方です♡


種を口に含んでから蒔くやり方は
日本のおばあちゃんたちも
やっていたと聞きます。


そして、なにより、
植物たちとの一体感。

葉っぱをお料理したり、
ハーブティーにしたり、
種をスパイスにしたりと、

食されることで、
使ってもらえることで
植物たちはよろこんでくれるのだそう。


よろこびが植物たちとの間で
巡っていくのです♡


それを聞いてから、
ますます植物界が愛おしくなりました♡


植物たちの与えてくれる
癒しやよろこびに、手を伸ばし

受け取った愛を
どんどん、どんどん、大きく
拡げてゆこうと思います♡
2017.05.11 23:20|今、ここ、徒然



5/10、ウエサク満月。
世界中で祈る人が沢山いたからかな、
この日のインスピレーションや
エネルギーはとても清らかだった。

人間ってどんな役割で
この世界に存在しているんだろうって、
東京のコンクリートの道を歩きながら、
ふと思った。

そんなこと考えても
出てこないのはわかっていたので、
スタジオシゴトの合間に
シャバアサナでちょっと贅沢な休憩を。
その後少し静かに座って目を瞑じた。

ほんとうに大事な質問は、
胸の奥で解決する。

にんげんは、
感謝やよろこびを通して、
愛のエネルギーを増長していく
霊的ないきものなんだと。

与えてもらったものに対して、
ありがとうって愛を還していくと、
二乗三乗とどんどん大きくなって、
まわりもさらに愛で満ちてゆく。

エネルギーを目先の欲に使えば、
エネルギー全てを喰い尽くしても
止まることはない。

エネルギーの使い道を選べる
唯一の存在がにんげん。

無尽蔵に使い尽くすのか、
それとも、感謝やよろこびの
無限ループで満たしていくのか、
ハートの奥で選ばないと。

太古の地球のような、
いのちに満ちた星へ、

有難い有難いと、
いのちに祈り感謝して
生きてきた太古の人々の暮らしへ、

この大きないのちの仕組みの中で、
このいのちをどう使おうか。

頭の歩みを止めて、
心の奥に問うてみるのも、
なかなか良いですよ♡

せっかく人間に生まれたのだから、
にんげんの尊い役割を果たしていこう。
そんなことを思い出す、
Buddha Purnimaな夜なのでした。
10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。