--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.01.24 21:30|内なる声を聴く

*この記事は2007年12月15日の
過去の記事を再掲載しています。



先日の瞑想会の続き。


魂の生まれたところへ行くことで
自分が持って生まれてきた
様々な可能性を見出し
そのいずれかを選択していけるようにする。

ということが
センタリングなのだそう。



自分の魂=中心ということかな?
ここを意識することによって
自分をしっかりと感じられる。



この前やった魂。
魂の生まれたところに
全ての情報はあるように思う。



私が感じた魂の生まれた場所は
2回行なった瞑想のうち
それぞれイメージは違ったのだけれど


1回目はこんこんと湧き出でる泉

2回目は光、まばゆい光だけだった


魂は宇宙のどこかで
生まれてくるということらしいけど
広い宇宙の遠いどこかで生まれたのかもね。


2回目の瞑想はまさしく宇宙で、

宇宙浮浪旅行、
フラフラどこへ行っていいのやら
なかなかたどり着けず、
いつの間にか突然胎児へ逆行。

胎児から勾玉へ
そして小さな光の玉となった。

光の深そうな(早そうな?)
トンネルがあり、入ってみる。
すごいスピードでどこかへすべり
移動しているよう。



トンネルを出た先は光の世界。

魂の生まれたところへと
たどり着いたようだった。



そこはただただ安住の地。
懐かしいようで、平穏。
安定。安らぎの世界だった。


愛に満ちて平和な感じで、
ずっと留まっていたくなる。



至福の時。




そこは自分の生まれた場所。
その光の空間こそ
魂の生まれたところのようだった。



この空間の光は
私の身体の中でも輝きはじめ

ハートを中心に
のどからみぞおちのあたりまで
光で溢れていた。




私たち全てがここから生まれ
私たちは光そのものだった。


「私たちは光そのもの」


この言葉が浮かび、
静かに、ジーンときた。



この瞬間も、まさしく至福。



ここで感じたことは
生まれてきたところは光で、
よろこびで、至福で満ち溢れていた
ということ。


私たちの本質が歓びであり
至福であるなら、
色々な情報欲しがらなくてもいいか。
とも思った。



ということは
私たちは幸せになるために
生まれてきているんだよね。



しあわせと思うとき
ハートがジーンと喜ぶのは
きっと魂が喜んでいるからなのね。
納得。



そのハート、喜んでいますか?
しあわせですか?



おかげさまで私はしあわせです
ありがとうございます。
スポンサーサイト
2016.01.23 15:16|内なる声を聴く

*2007年12月14日の過去ブログより
再掲載した記事です。


「自分の体と心の声を聴く」
というテーマの瞑想会で、


カラダを動かす前と後に
同じテーマの瞑想をしていったのですが

カラダを動かした後の方が、
断然入りもいいし、何より質がよい☆




実際疲れていると、
瞑想どころか普段の生活でさえ
集中できない・楽しめない状況になる。

これはもったいないことです。


自分の人生
楽しむにはやはり身体は大切です。



身体とは魂の容れ物。

「容れ物は大切」
瞑想で、この言葉がやけに響いた。


容れ物とはカラダのこと。



どんなに強力なエネルギーを
受け取っても容れ物が壊れていてはね。



まず私たちに出来ることは
この「容れ物」である
自分のカラダをいたわってあげる事。



壊れていたら修理して
汚れていたら掃除して
綺麗にしてあげましょう♪




「あの人は器の大きい人だ。」

そう。
私たちは
器に収まって生活している。


例えるなら水。


コップに入った水。
川を流れる水。
海を満たす水。
雨として降る水。
空気中に無数にある水蒸気、これも水。



そして身体の中の血液・リンパ液etc…
これもみんな水。




身体の中に入っているお水。
これこそ私たち自身。



水がなんにでも姿を変えられるように
私たちは身体以外にどこにでも行ける。




ただ容れ物の形があるだけで
私たちには形はない。。。




容れ物がないと
今この生活は出来ないので、

今この生活をするのなら
この容れ物を大切にしましょう^^




一生一つの容れ物を大切に。






今回参加させていただいた瞑想の後
こんなことが思い浮かんだので内なる声をつらつらと綴ってみました。
2015.08.03 14:36|内なる声を聴く
いのちの尊さに気づき
いのちを愛しむこと。


それは、いのちのよろこびです。


森は愛やよろこびを通して、
私たちにいのちのきらめきを
身をもって教えてくれています。


なにも難しいことはないのです。


ただ自然の美しさに心震わせ、
感謝して自然の恩恵に頭を垂れる。


それだけでいい。


そうして溢れ出る想いを
言葉に、行動に変えていけばいい。


あたまでなく、
むねの奥から湧き上がる
その想いを感じとって
肚で動く。



何を望み、創造していくか。


己の成長により、
望みは変わってゆくよ。


イノチの本質を自覚し、
望みをもて。

愛をベースに。
望むことだ。


それは、
己を知り、己を活かすこと
でもあるよ。





いつだったか、
内側から湧き出たコトバを
綴ってみました。


今読んでも、とても魂に響いてきます。


内なる声を大切に、
ここへ還る場所をいつも心に抱いて、
日々を生きていこうかね♡

2015.08.01 06:33|内なる声を聴く
戦争は『火』を使う。

たくさんの『火・非』を生み出すため、
ものすごいエネルギーを使っている。


武器や兵器だけでなく、
ひとのいのち(霊・ひ)もしかり、だ。


戦争に使われる『火』のエネルギーは
奪い合う力。



ならば、そのエネルギーを
『水』に使おう。


水のエネルギーを
『与える』ことに使えばいい。



世界の人が平等に水を飲めるように。

木を植え森を護ることに。

そして、
自身のいのちとその家族を愛することに。


奪い合う力を、
愛を与える力に変えれば
それだけで、変わっていく。


内側を愛で満たして、
愛する対象をどこまで拡げていけるかな。


それが、火から水への神仕組み。


非(火)難ばかりしていても
何も変わらない


逆に戦いという火に
エネルギーを注いでいるんだよ。


今、内側はどうなっている?
愛で満ちてるかしら?



さあさあ、
いのちの水に愛を注ごう♡
2015.01.12 22:12|内なる声を聴く
美味しいものを食べる

美しいものを愛でる

夢中になって遊ぶ、創る

大切な仲間と過ごす



どれもこれも、

五感がよろこぶ、

しあわせの種。





そのしあわせは、心の栄養となって

私たちの奥深くへと染み込んでゆく。





何かに没頭するじかん。

それは、アタマが鎮まる時。





その静けさは波紋のように、

愛を拡げてゆく





たくさん蒔かれた

しあわせの種





愛を受け

種は芽をだし

美しい大地のような心のオアシスが

私たちの奥深くに生まれる。





そこには、すべてがあり

なにもなくても

しあわせである。





PEACE、BLISS、ALL is ONE









05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。