2012.02.12 15:08|森のお手入れ
森は、

無数の生命を育み、

生命の源の水を育む。


無数のいのちを育む場が

森なのだ。


そして、
形ある生命だけでなく


水も、土も、空気も、太陽の光も、
それらの大元プラーナも、
無数のいのちの集まり。


それらは、すべて
「何か」から始まっている。





そして、
ありとあらゆるいのちが
ひとつの環をなし


生と死の大きな環が
いのちであり、すべて。



人知を超える、
生命を育む仕組みを、
人は「神」と呼ぶのだろう。



都会に暮らす私は、

森に入り、
「間伐」を通じて、
自然の、いのちの仕組みに触れた。


山を生かすために、
木のいのちを絶つ間伐は、
常に断腸の思い。


その感覚をいつまでも大切に、
その想いを伝えていこうと思う。


いのちを伝えてゆく


この生命を死でもって
生かしてくれる
すべてのいのちに感謝し、


この生命を、活かそう。


生と死の無限ループ。
その環の中で、私たちは輝く。



「宇宙の道理の中で、
自然の道理に従って生きる」

久高の島で、響いた言葉。
スポンサーサイト
2012.02.08 21:09|今、ここ、徒然
睦月の満月。

はじまりの旅の予感。

今、沖縄にきています。


私の人生のサイクルは今、

大きな変わり目の時。



すべてのいのちが海からはじまり

私の人生もまた、海から始まる。


母なる海に抱かれて

生まれなおしの儀 in琉球


久しぶりに

ゆっくり、のんびりしてきます。






2012.02.04 22:35|今、ここ、徒然
リラックスすること、想像以上に大切。


我が師ニーマルの伝える

ヨガで大切なポイントのひとつは、

リラックス&デタッチメント。


デタッチメントはアタッチメントの逆の意味

つまり、執着の反対です。



いつもわたしたちは

何に執着しているんだろうかねぇ。

ほんとに。


拘っているもの・・・

ひとそれぞれ、色々、ね。



これが体も心も重くする。

もう、この重さは必要ない。

いつも軽やかに、精妙な波動でいよう。



力を抜いて、リラックスすれば、

拘りをギュッとつかんでいた手が

ふっと緩んで、

ずっとずっと掴んでいた

拘りが、するりするりと、、、

離れていく。



観念して、思いっきり

ゆだねることがキーだと思う。




自然はやさしい。

ほんとうに、やさしい。



母なる大地のやさしさに

すべてを委ねて

偽り続け、緊張している

その心と体を、解放しよう。



無条件に感じる心地よさ。

それは、自然の愛

そのものなのかもね。



その自然の愛にすべてをゆだねて

スのままの自分に還ろう。


ありのままでいられる

しあわせを感じよう。




2012.02.03 19:21|今、ここ、徒然
然うあるように


ひらいてひらいて

ゆだねてゆだねて 

生きるには

不自然ではいられない。



何かを隠している時

バレやしないかと、

ドキドキ怖い。



そう、

スのまま

然うあるためには

隠してはおけないのだ。



すべてをあけっぴろげに。


オープンせよ!



隠しておくことは、

見たくない自分の側面だったりする。

だから、隠しちゃう。

だって怖いんだもの。



怖れを偽りが生み

怖れが緊張を生む。




ギブアップして

すべてをあけっぴろげると決めて、

観念せよ。



観念観念。。。

自分の念、おもいこみを観ましょうね。


見るんじゃなく、観るんだよ。







01 | 2012/02 | 03
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム