竹楽器 EDAYA

2013.10.27 22:39|竹のこと
EDAYA主催
フィリピンの伝統的な竹楽器の
制作WSに参加してきました。

山岳民族ルソンの
バリンビンという倍音楽器。

魔除けの楽器なのだそうだ。

とても美しい紋様が彫られていて
その細かさ、美しさは、
伝統工芸品といった風格。


ほんとに、美しいの。






3年かけて燻し、
楽器に加工し、紋様を描き、
また燻すのだそう。


緻密な手仕事。


描かれるタトゥーのひとつひとつに
意味があり、山や川、村や境界など、
その村の景色が見え隠れする。

フィリピンの村や工房を
覗いてみたくなりました。


制作は、というと
ナイフさえ安全に使えれば、
誰にでもいける感じ。


工程はシンプル。
けど、奥は深い…


日本の竹でも作ってみたいな。


ゆるゆるの竹ハウス用の竹取りの時、
楽器用にも数本採ってこよう。

真竹の方が加工は簡単かな。


ここへきて、竹が
急速にきてます。


廃材エコビィレッジに
竹ドームを作る予定だし、
近くに住む、ネイティブ綱子のSJさんは
竹細工がプロの腕。

綱子にも、おじいちゃんの山にも
竹林はたくさんあるし、
材料の竹には困らなそう。


11月中に、竹の伐採いってこよ。


楽器づくり、竹ハウスづくり。
みんなでやったら楽しそうだなぁ…


ずっと思っていた、
竹プランが動き出しそうです。


一緒にやりたい人、やりましょう~♡
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム