竹楽器づくりWSレポート

2013.12.25 17:37|竹のこと


12/14(土)フィリピンからエドガーバナサンの来日あわせ、フィリピンの復興をお祈りするライブ&竹楽器づくりのWSが藤野は綱子でありました。


真冬並みの寒さのなか、ゆるゆるの飛龍さん辻田さんの協力の元、焚火を囲んでトガトンの演奏や、ドラム缶ピザなど、和やかでかつ、ときおりトランス的な、とても楽しいひと時をみなさんと過ごせました。ありがとう!



ワークショップはまず、楽器トガトンの材料、竹の伐採から。

2チームに分かれて、なるべく長い節の竹を2本選んで伐採。




こどもだって、女子だって出来ちゃうもんね!


適当な長さに切って運搬。
みんな仲良くえっちらおっちら。







こんな体験、都会ではなかなかできない。



竹林より徒歩3.4分の本日の会場太鼓ハウスへ。
ここは限界集落にある珍しいライブハウス。

翌日はアフリカンなアサンテのライブもある。もちろん、竹ツアーズの締めくくりに参加してきました!



節の長さを調節しながらカットして、途中の節を抜いて、ドガトンの製作。


ここの工程、携帯の電池がなくなって…写真なし。写真もらったらくっつけておきます。


音程を長さで変えて、地面に打ちつけながらの演奏。大地をつたって体に振動が伝わってくる!


倍音の振動が気持ちよい~^_^


トガトンは、フィリピンの山岳地帯のヒーリング用の楽器だそうで、ほんの少し前まで、病気はシャーマンが祈りや儀式で治していたんだって。


今回のイベントは、響、祈、煌をテーマにしたチャリティーイベント。フィリピン台風からの復興を祈って、焚火を囲んで、みんなでトガトンを演奏しました。

初めにエドガーさんのチャンティング。
フィリピンのチャンティングは、リズムだけがあって、その時のインスピレーションで言霊をのせていくんだって。リズムにその時の想い、心を乗せていくなんて、なんだか素敵。


国が違うと文化や考え方、経済の状況もそれぞれ違う。このイベントを機に、EDAYAの山下さんたちとたくさんの時を過ごして、価値観が違う世界に触れて、私の中の小さな世界が拡がっていくのを感じました。


満天の星空の下、ドラム缶ピザを食べたり、お話ししたり、ゆるやかなほんとうにしあわせな時間。

火を囲んでいると、ふいにトガトンの、演奏がはじまる。


クセになるんだな~。この音。


フィリピンの儀式の時は、一晩中奏で続けると聞いて、えーーっ⁉︎だったけど、なんだかそうなるのがわかる。
自然と奏でてしまっていたもんな~

なんとも穏やかなトランス的風景。


トガトンの響きと笑い声が山の中に木霊していました。


きっと本質的に、こういうの求めているんだと思う。



すんごくいい雰囲気。

自然も含むで、みんなと一体感を感じたし。すごく調和していた。


綱子地区の自治会長さんでもある飛龍さんは、自治会会議はこれやりながら!だって。おもしろーい。

きっと自然にとっても人にとっても、良いことが決まる会議になると思う。

ぜひやってもらいたいな~笑。


最後に、ピザ焼職人のごとしな飛龍さん、淡々とピザの仕込みをしてくれたゆきよちゃんズ、場所を提供してくれた辻田さん。どうもありがとう~

いつもあたたかく迎えてくれて、ほんと綱子の人の魅力にハマってしまいます。


藤野のチベット綱子にて、竹の倍音と人の発するエネルギーに魅了されたひと時でした^_^
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム