納豆WSとその後

2013.12.27 18:35|田畑より
今年、森部のフィールドで
田んぼをお米を育てました。

その稲ワラを使って納豆づくり~♪

WSに参加したみなさんと、
和気あいあいと手仕事 ^_^


まず、稲を脱穀するところから始めて
(この準備が長かった…)

けど、お話ししながら手を動かして
楽しく作業できました。
まるで井戸端会議のような。




ひなたぼっこしながら、
短い山里の貴重な陽の光を浴びて。

あったかーい。

けど、山の稜線に太陽が隠れると、
日陰になって急に冷えてきて、

さっむーい。

生命の危機が迫ったみたいで、
みんなの作業がスピードアップ!!!


じゃんじゃん稲わらが納豆藁に変身。


ここでも電池キレのため
写真はありません…

すみません。


詳細はご近所に住む、
かおりさんのブログをご覧ください。


納豆藁を横浜のお家へ持ち帰り、
40度に保温して2.3日後には納豆です。

といわれたものの、
なかなか保温がうまくいかず、
途中冷えちゃったりで、

でもなんとか、木曜日には
ほらこの通り。




ほんのり納豆っぽくなりました。
粘り気は市販のものより少なかったけど
間違いなく納豆でした。


発酵のおかげで、食べ終わってからも
口の中がパワースポットのよう 笑。
発酵のパワーまで頂いちゃいました。

発酵の力ってすごいね。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム