『ここちよし、衣・食・住』

2014.09.14 21:57|今、ここ、徒然


ここのところの流れで、

カオスから調和へと、
よろこびの方向へと、
変化していくのを体験しています。


がんばること、
がまんすることは、

一見、ジャパン的価値観では
よしとみえても、

ひいては
戦いの想念の中に自らを置き、
悪循環の中へ。


私のよくやるパターンで、
他を想うあまり、
自己犠牲への道を歩み、

よろこびから自ら離れ
エネルギーの無駄使い。。。


くるしくなって一時は、
森から離れてしまおうかと
思ったことがありました。


けれど、やはり森は切り離せず、


私は自らを制限し、
キャラクターを作っていたことに
気がついたのでした。


私の一部が森ではなく
森の一部が私。



全の中のいち。


このプロセスを経て、
より平和的な暮らしを
選択するようになりました。


そうして紡ぎ出されたひとつの答えは、

直感のおもむくまま、
魂のよろこぶことをやっていく
というとてもシンプルなもの。


そこに考えるというプロセスが
入りこむ隙はなく、

やりたいと思う意図のみ携え、
あとはその展開に任せていく。

そうすると、
勝手に発展していくのです。
渦が生まれていくかのように。


結果、
想いがどんどん実現されて
よろこびの輪が、
よろこびの渦となっていくのでした。


最近の草木染めや衣つくり。
この手しごとと共にある暮らしは、
とても豊かで満ちたものです。


手づくりするということは、
『選べる』ということ。

より、よろこびへと。


食事も衣も住む家も、
何を食べ、何を身につけ、何を想うか。

日々、選択。
瞬々、選択の連続。


それが生きるということ。


そうして、
私が選んだことは、

『ここちよし、衣・食・住』
『手しごとから選ぶ暮らし』
『よろこびを選択する』


ひいてはそれが、
よろこびの渦を巻き起こし、

世界の意識が
お金からいのちへと
シフトしていく。


これは、私の望み。


うれしたのしと、
いのちのよろこびと共に
いのちきらめく人となる。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム