火から水へ

2015.08.01 06:33|内なる声を聴く
戦争は『火』を使う。

たくさんの『火・非』を生み出すため、
ものすごいエネルギーを使っている。


武器や兵器だけでなく、
ひとのいのち(霊・ひ)もしかり、だ。


戦争に使われる『火』のエネルギーは
奪い合う力。



ならば、そのエネルギーを
『水』に使おう。


水のエネルギーを
『与える』ことに使えばいい。



世界の人が平等に水を飲めるように。

木を植え森を護ることに。

そして、
自身のいのちとその家族を愛することに。


奪い合う力を、
愛を与える力に変えれば
それだけで、変わっていく。


内側を愛で満たして、
愛する対象をどこまで拡げていけるかな。


それが、火から水への神仕組み。


非(火)難ばかりしていても
何も変わらない


逆に戦いという火に
エネルギーを注いでいるんだよ。


今、内側はどうなっている?
愛で満ちてるかしら?



さあさあ、
いのちの水に愛を注ごう♡
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム