スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モン族のヘンプのある暮らし

2015.09.15 12:33|旅行記〜ベトナム

Hemp study tour
*編集し手直ししながら書いています。





モン族の村の家を訪ねて





真っ白な霧が立ち込める中、
モン族の伝統的な家庭を訪ねました。


この辺りはサパの中で一番大きなヘンプの栽培地。標高は1700m。2013年の大雪では30年に一度の大雪で、膝まで積もったそう。


家の周りには、
衣の材料となるヘンプや藍が栽培され、家族の衣服を自給自足する暮らしがそこにはありました。


訪れた9月は、
繊維としてのヘンプの収穫は終わり
種取り用のヘンプが大きな木のように生長していました。





ここサパでは、
標高1600m以上の高地でしか
種取り用のヘンプは育ちません。

低地では繊維をとるまでには生長するようです。

繊維用のヘンプをとる場合は、密植して枝葉を出さずまっすぐにより細く良い繊維が取れるよう栽培されています。


3月、草木が芽吹き一斉に生長し始める頃に種を蒔き、10月、木々が紅葉し葉を落とす頃、自然乾燥させて種を取る。
大部分の葉は枯れてしまいますが、種のまわりだけは種を守るようにして葉を残すそうです。


モン族のヘンプ栽培は自然に則し、人の都合よりも、自然に合わせたほうがはるかに合理的だと分かっていて暮らしていることに、感銘を受けました。


このおうちのこ。





子供用の繊維は、なるべく細く柔らかな繊維を使うため、ヘンプの背丈が低い6月くらいに刈り取るそうです。


モン族といえば、ヘンプと濃紺色の衣。
藍染めを真っ黒になるまで染め重ねます。

こちらが藍染めに必要なインディゴ畑。種取り用。




これも一緒に栽培されていました。
藍の甕に一緒に入れるハーブ。
ザオザム。





藍だけでなく、ほかの草木も入れているとか。



途中から大雨が。
雨宿りしながらモン族のおうち訪問。




軒先で、精巧な竹籠を編むお父さん。
数少ない男性の現金収入。





買って帰りたかったけど、どう持ち帰っていいのかわからず断念しました…。



土間の家に家族三世代での暮らし。




子ども8人。子沢山。

おばあちゃんの子どもも小さくて
お母さんの子どもにおばあちゃんが
お乳をあげているとか!
驚きです。


無造作に置かれた暮らしの道具
いい雰囲気です。




屋根裏に干された
収穫を終えたトウモロコシ。





収穫した麻から繊維をとって
屋内に保管されていました。




新年に合わせて家族の伝統衣装を仕立て、季節に沿って、ヘンプや藍の栽培、収穫、糸紡み、織り、藍染、刺繍まですべてを手仕事で行う暮らし。

織りや裁縫は冬季を中心に行われます。

そして、この周辺でヘンプの栽培はモン族だけだそうです。



こちらは織り上げた繊維を
やわらかくする道具

使い込まれ、
インディゴで真っ黒に染まっています。





油分の少ないヘンプはカサカサした質感。そこに油分を補うため、ミツロウを入れたお湯で煮てから、この石でこすり生地を柔らかくスムースにします。

もう、智慧の結晶。




ヘンプの織りの中で一番時間のかかる糸紡みは、女性たちが空き時間を利用して行っていました。


サパ訪問1日目にみた、マーケットで糸を紡む女性。




暮らしの中で合間をぬっては、糸紡み、刺繍が日常的に行われている暮らし。


ベトナムに点在する少数民族の村では、伝統的衣装の自給が薄れ、伝統的な衣装を着用する慣習も減ってきているそうです。


でも、サパ周辺は多くの人が伝統的な衣装を日常的に着用している貴重な場所。


少数民族を研究しているガイドさんも、熱くサパのすごさを語っていました。

サパ♡

この後も、モン族のヘンプにフォーカスした、オーセンティックな衣の旅はまたまだ続きます。












スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。