ターイ族の藍染とコットン

2015.09.16 05:38|旅行記〜ベトナム
サパから山を下って車で1時間。
ターイ族の住む村へ。

お天気もよく、
収穫を迎えた棚田が美しい







ターイ族の村は、標高800m。
サパよりだいぶ暑い。
この暑さが藍を建てるにはよいのだと。


この村の藍染はモン族の行程と少し違い、インディゴの他様々なハーブを入れ、染まりもよく本当に良い染めなんだという。

そしてこの村の山奥には、
まだコットンの畑が残っている。


周辺の村々では、
コットンの栽培をどこもやめてしまったとの事なので、貴重である。



コットンの行程
種と綿を分けた状態からスタート





綿打ち




弦を竹の筒で弾いていく
音がリズミカルで心地よい。





橋に巻きつけ筒状に
きりたんぽみたい






糸紡ぎ
後ろのリビングのテレビが 笑









ものすごく、細く紡いでいく。

ターイ族のこの村でも、コットンの織りができる人は減ってしまったという。




藍染の説明


この村の藍染めには、インディゴ含め、生姜やザオザムなど、9種類を入れる。


左から順に、

1.indigo 藍
2.ginger しょうが      
 香り付け
3.chili  ちり(トウガラシ) 
神様よけ(他の神様がよってこないようにする)
ベトナムではにんんくを神様よけ(魔除け)的な感じで
赤ちゃんのおくるみの中に忍ばせる習慣があり、
Tay族の場合、チリがそれに該当するのだそう。
4.Rau ram          
ザオザム 香り付け ベトナムのコリアンダーというハーブ。
孵化しかけのあひるの卵料理に使うんだよーとガイドさんが嬉しそうに話ししてた。
5.La coi             
色を良くする、落ちにくくする
6.Xinh xao(Tay)        
色を良くする、落ちにくくする 
Tayにしかない植物でベトナム名もない
7.Zung zenh(Tay)      
色を良くする、落ちにくくする 
Tayにしかない植物でベトナム名もない
8.Bo bat(Tay)
色を良くする、落ちにくくする 
Tayにしかない植物でベトナム名もない
9.Betel キンマ、びんろう
台湾などで噛みたばこ的な存在のびんろう。
色止め効果があり、ガイドさんいわくベトナムではジーンズを洗うときにこれを入れて煮て色落ちを防ぐという方法があるらしい。










この草を一週間水につけおき
草を水から出しライムパウダーを入れて撹拌。発酵して、粘りを出して濃くする。







ライムパウダー











泥藍
ライムパウダーを入れて2日、
上澄みをすてて泥藍を作る。






水を加えて1週間置く。
藍染液のできあがり。

ここの家の藍染窯サイズで
50mは染められるよとのこと。





染める前、必ず山のお水を通します。
塩素の入った水ではうまく染まらないのだそう。





藍がフレッシュだと、
黄色からグリーンへと変化。







藍を空気に触れさせている間、
お昼ごはん。
旬の筍いっぱいのおもてなし。

お手製ライスワインが強烈でした。




お昼のお魚はここから。
家にある養殖池があるって、すごい。




藍染もいい感じに。
風になびいて美しい。





この村は暖かく豊かなのか、
子供達が無邪気で明るい。
サパのモン族とちがう。
しかし、かわいい♡






けど、水力発電のダムを建設のために、
この家族は、移転を余儀なくされ、ここに移ってきたという。

サパの発展のために必要な電力を供給するため、小さな村が潰れていく。。。
とても複雑で、いたたまれない気持ちになる。

サパの繁華街や、メイドインChinaな
ナイトマーケットといい、薄れていく伝統衣装といい、心が痛い。


でも、現地の人、みんな明るいんだー!


最後はみんなで記念写真。
みんな背丈が一緒です 笑

他人とは思えない村々の人たち。








スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム