パンツオーダー珍道中 その1

2015.09.16 14:05|旅行記〜ベトナム
この旅の目的のひとつ。

それは、このパンツを
モン族のおばちゃんに縫製してもらえないか、というもの。




前回のサパの時に、
持ち帰ったヘンプ布。




試しにkamyaのやよいちゃんに作ってもらったものの、ヘンプの生地の強靭さときたら。


日本の家庭用ミシンでは太刀打ちできず、ミシンがヴィィィーン!!!と悲鳴をあげる。

商売道具が壊れてしまいそうな勢いだったので、今度ベトナム行く時お願いしてみよう~と漠然と思っていたのだ。



ハノイからサパへはバスで。

到着後すぐ、バスターミナルで、
モン族の物売りたちの先制パンチ。
かるーくダメージを受ける。

ものすごく、切ない。。。





でも、お泊まりしたサパのホテルからの眺めに心が洗われる。

チェックインまでの間、
テラスでのんびり癒されていたら、

商売熱心なモン族のおばちゃんが、
私たちの声を聞きつけたやってきた 笑

商売熱心!


バスに群がる物売りダメージが
まだ消化しきれていない私たちに、
容赦無く押せ押せのトーク。


前回の訪問を覚えていてくれたみたいで、嬉しかったけど、押しが強いぜー笑


でも、これが、彼女なのだ!
生きるための道なのだ!


約束通りショップへ顔を出す。
日本からのお土産、柿ピーを手土産に。

そしたら、目ざとく、
ビニール袋の中に入れておいた、
あのパンツを勝手に取り出した 笑


おそるべし。


見るや否や!
サルエルパンツのカタチに、
Ohー!アメイジング!的な反応。


ニヤリ。


そして私たちも、
一気にスイッチオン!


このパンツ作れる?
日本のミシンじゃ縫えないのー

オッケー!I can!


そんなノリで笑
サンプルをオーダー。

そうと決まれば、
HOW TO ソーイング!

ちゃっちゃっと事が進んでいく。




嬉々とした表情で習う、
モン族のおばちゃん。





一緒に仕事してる感が、
なんか、嬉しい♡




躊躇せずハサミを入れ、
待ち針も使わず縫い上げる。

仕事のはやいこと!





ここで購入した生地で
2本色違いでオーダー。


また夕方戻ってくるねー!と
あっさりすべてを託し、
ニューマーケットへ繰り出したのでした。




ほくほくニューマーケットで、
軽くスパークしてきた私たち。


買え買えのマーケットで、
感動の涙。
意味がわからない。笑




なんにせよ。感動の涙の別れで
穏やかにマーケットを後にし、
ホテルへと戻る。


パンツの仕上がりは、
そんなに期待はしていなかったの。

でもね、
いざ出来上がってきたものは、

なんということでしょうーーー!

良いではないですか!!!


おもむろに試着。
かわいい!

この、ご満悦顔!





これならと思いオーダーへと
急速に動きだす!

おばちゃんも私たちも
ゴーゴー!



スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム