スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの衣生活

2016.03.18 21:55|衣*





私たち日本人は年間10キロの服を買い、9キロの服を捨てています。(2005年経済省 3R政策より)
日本の衣服の90%は輸入に頼り、安い服を大量生産する裏では、過酷労働や環境汚染など、生産者や地球に大きな負担がかかっているのも事実です。


◯綿花を育てるのに
多くの農薬を必要とすること。
◯農薬の多用で土壌汚染や生産者に
健康被害が出ていること。
◯化学繊維の生産や化学染料の使用で
水が汚染されていること。
◯安い賃金で過酷な労働を
強いられている人々のこと。

。。。


一枚の衣服にこのような背景があることを、多くの消費者は知りません。


誰かが不幸になっている服よりも、作り手も着る人もしあわせである服を着たい。
そう思い、色々な選択肢の中から、自然と調和した衣服を手づくりすることを選びました。


自らが作り手になる事で、暮らしにリアリティが生まれます。消費する暮らしから愛用する暮らしへと緩やかに移行していけます。


そうやって氣がついたら選ぶものが変わっていたと、私たち自身の価値観をゆっくり育んでいけばよいのだと思います。



なにも全部手作りにこだわらなくてもいい。
選択肢が増えて、選ぶもののエネルギーがよろこびでみちあふれていれば必要最小限で、満ち足りる。


そういう暮らしへと。。。少しずつ。


そうして生まれた企画が、季節の草木で染めて縫う。ちくちくワードローブWS。

食に旬があるように、衣にも旬をと、ちくちく手縫いで仕立てた衣服を季節の草木で染めてゆきます。

人と地球に優しい衣服を愛用する衣生活と、自然と調和した創造的な暮らしを普及してゆきますよ♡




私たちは選択します。


より地球に負荷のないものを。
より生命に害のないものを。
よりよろこびで満ちたものを。


そうやって
自然との平和的な関係性を
紡ぎ直してゆきます。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。