スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての森仕事

2012.04.30 20:46|森のお手入れ
藤野のチベット、綱子着。

森へ向かう前に、
飛龍さんちのゆるゆるあそびへお立ち寄り。


鎌田さんのマクロビランチと、
採れたて山菜の揚げたて天ぷら

見た目も麗しいゴハンたちは、
写真撮る間もなく、胃袋へ。。。


うまうまランチと、
ゆるまったりな時間を過ごして
充電完了っ


しっかりちゃっかり楽しんで
さあ森へ!


のんびり歩きながら、

なんで間伐が必要なのか、
なんで、皮むきするのか、

ゆるっとしつつも、真面目なお話し。



気負うことなく、するりと出た言葉が
伝わっていく感触。


リラックスした状態でやる
こういう流れもいいなあ。


あっという間に、
山の入口へ到着。


急な斜面に、みんな一瞬たじろく。





講演会で観た、楽しげな雰囲気と
イメージちょっと違う、よね。


なぜ藤野のチベットと呼ばれるか
感じていただけたかしら?


藤野の山々は、急勾配が多いの。

そのおかげで雑木林も多く残り、
美しい里山、藤野があるのです。


さあ、山へ足を踏み入れて、
みんな、初めての間伐に挑戦です。


立ち枯らす意味を聞き、
山に残す木を選んで、

最初の一本、
みんなの気持ちをこめて
お祈りします。

御神酒とお塩、お米をお供え。


いつでもその気持ちを思いだせるように。
この時間、その時の想いを胸に活動する。


いよいよ皮むき。
きらめきましょうーー!


ぺりぺりぺり
きれいな木肌が顔を出す。


初めてで、かつ、足元不安定。
ちょっと大変っっっ






でも、終わってみると…
忘れちゃう。


だって…



ほら。




ね。

いい顔。


美しい木肌とのご対面。


山に生きる木としての役目を終え、
新たなお役目に就く。


その木を、見送る。


1年後、枯れた枝の隙間から、
新しいいのち、光が射し込む。

そして、そこに
新しい生命が芽生える









ここは、去年間伐したエリア
少しずつ、いのちが戻ってきている事を実感。

森が蘇っていく小さな変化をみつけながら、下山。


この森を見守っていきたい
そう思いました。


100年後、200年後の森へ
想いを馳せて



作業メモ。。。。。。。

4/28(土) 晴天 22℃
参加者5名
エリア1
間伐本数4本(ひのき)
山に残す木、6本
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。