きらきらきらめ樹スパーク

2012.06.30 18:51|トランジション藤野・森部
梅雨どきのキラキラ太陽。

きらめ樹日和でございました。むふ。


直近のお誘いで、少人数。
来れなかった方すみません。。。

今年ご提供いただいたお山で、
はじめてのきらめ樹です。





朝、お山へ足を運ぶと、
朝日の美しい光が。

山の神様からの祝福と勝手に受け取る(笑)



光を求めるこの森に、
たくさんの光を届けたい。。。


でもね、今日の森は
たくさんの光で溢れていました。

間伐前で暗いはずなんだけどねえ。





今回のエリアは、
沢の近くで、水分たっぷりの杉林。

優劣のついているエリアだったので
太いコはすくすくと、
でもちょっとむくみがち?
細いコはいかにももう逝きます…
といわんばかりの姿。


細く力を感じないコは、
水分を吸い上げる力もなく
ドライで皮も薄い。

非常に剥きづらい。。。


木も人間も死が近づいていくと、
水分が少なくなるのは同じ。


こういう木は放っておいても
自然淘汰されていくのだけれど、

適切な間伐で、スムーズに
生と死の循環のサイクルにのせてあげる。








後は自然に任せておけば、自ずと森は蘇っていく。



これ、いちばん今の私にフットする
『森を蘇らせるお手伝い』の表現。



森に関わる中、
色んな人との会話や、体験から、
私の中で『きらめ樹』がカタチを成していく。


現場に入ってやればやるほど、
ケースバイケースで疑問が浮かぶ。

それは、人間の
浅はかな考えでの疑問かもしれない。


しかし、
自然の理から答えを見出すには
私たちにはまだまだ経験が足りない。
未熟者なのだ。


闇の中、手探り状態。


そんな時、知恵を授けてくれた
森の智恵袋・おがや氏の存在は、

ヨガでいう、
闇から光へと導く師。

真っ暗な中に光明をもたらしてくれた。
出逢いに感謝である。


そして、なによりも、
森へと誘ってくれた
大西さん、森の蘇りの存在に感謝なのである。


これから私は、
森の師は何者か?と聞かれたら、

『森であり、自分自身』

と胸を張って言えるくらい経験を積んで
森の深みへとハマりつつ、
私の道を生きていくのだと思う。


そして、
知恵や経験、よろこびも大変さも、
何もかもを支え合い分かちあう
人のつながりさえあれば、

きっと素晴らしく豊かな森、
人生を育んでいける。


そういう大人たちの背中を、
子どもたちが見て

森と人が織り成す営みが
いのちのよろこびに満ち溢れ
いかに素晴らしいものかが

未来へと伝承されてゆくのだと、
そう思いました。


きらめ樹スパークのレポートを書いていたら、
人世論まで膨らんでしまいました(笑)







ゆるゆるっときらめ樹じかんを過ごした一日。

私の魂もキラッと輝きを増した気分です。

きらめ樹スパークさまさまですね、
ありがとうっ!
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム