森を育む、木を育む

2012.08.15 10:33|森のお手入れ
お盆。
藤野のおじいちゃんちへ。

子供の頃、
川遊びした川で川遊び。
楽しかった~

そして、
いのちの森があるお山へ。


きらめ樹しようと山へ入ったけど、
違うことして楽しんできました。





11月にタオライアーを作りに
京都へ行ってきます。

そのためにドイツからやってくる
レーマンさんは、

遠くにある木の声を聞いて、
ライアーを作る木をきり、
楽器を生み出す人。


音の癒やしも、
木の癒やし方も教えてくれる。


木の癒やし方は、
こちらのブログを参照に。
http://ameblo.jp/lapaix-yunacchi/entry-10721703913.html



森の中で、
木の癒やし方の話になって
いつもと違う方向で森の保全活動。


ツタをとり、
根っこが呼吸できるように
土に埋れた根の際を地表にだす。

木を冷やしてしまう苔を擦って取り
古い樹皮もとってあげる。


こんな感じに…





これが、こうなるっ





すっきりっ

これで巨木さんも、
呼吸しやすくなりました。

(根っこから酸素を取り入れて
呼吸しているんだって)


あ~なんて気持ちのいい活動。
木がよろこんでくれているんだろうな。


ふふふ。


ごしごし木肌をこすってる時、

おじーちゃん気持ちいいでしょーって
ひとり言こぼれちゃうんですよ。


人類のおじいちゃん。
樹木たち。


森の中の一本を、癒すと
そのエネルギーが森全体へ拡がる
と、レーマンさんは言う。


どうりで、、、
私、癒やされちゃいました♪


どうか荒れた森に
その波動が拡がってゆきますように。

そして、
森のすべてのいのちが
癒されますように。


いつものきらめ樹にプラスして
この活動やりたいなと思います。


間伐は、天を整え
この木の癒しは、地を整える。


ふたつワンセット。
そんな感じ。


秋になったら、
この木の癒しを中心にやってみようかな。


非常に充実した活動だったもの。
私の心も豊かになったもの。


何十億年と
無償の愛を与え続けてくれた
樹木たちへの
感謝の想いを行動へ。


地球といういのちを愛しむ
ストレートに、そんな活動でした。


しあわせいっぱい満たされます。
心を育む森づくり。


今度の日曜日、19日のきらめ樹で
そこらへんシェアできたらいいな。


19日の詳細はこちら。
今年最後のトランジション藤野森部主催のきらめ樹です。

http://blog.canpan.info/team-80/archive/206


お待ちしていまーす。
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たけうちくりこ

Author:たけうちくりこ
自然をこよなく愛し、色*音*香りで自然を体現する森の人。ヨガで深めた意識と自然(森)が拡げた意識が交わる豊かな世界で、のびのびと生命のよろこびと共に生きています。
2008年にヨガの師であるニーマル氏と出会いヨガの道へ。2010年より森林保全の活動に関わり、自然とのつながりをテーマに草木染めを始める。染めて縫う手作り服ワークショップを定期開催。
消費から創造へと、暮らし方をリデザインする、いのちのがっこうを主宰。

テーマ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム